唾液の分泌量が多い人は歯の再石灰化がしやすい

ただ存在しているように見える歯ですが、目に見えないレベルで再石灰化という自然治癒を繰り返していて、初期段階の虫歯などはこの再石灰化によって治癒されたり抑えられています。
歯は土台となる象牙質の上に比較的やわらかいエナメル質という素材で成り立っていますが、日常においてエナメル質は頻繁にダメージを受ける環境下にあります。
食事の中には酸性のものが多くエナメル質を溶かし、口内に存在する細菌は酸性の物質を出して歯を溶かそうとします。
このエナメル質がダメージを受けて欠けることを脱灰と言います。

再石灰化のメカニズムは歯が根元から栄養を吸収して生まれ変わるというものではなく、主に唾液に含まれる成分によって表面から補充されることで機能します。
歯のエナメル質が脱灰するとミクロのレベルで欠けた状態になりますが、ここに唾液中に含まれるリン酸イオンやカルシウムイオンといった成分が入り込んで新たな歯の素材となります。
つまり再石灰化は唾液の分泌量に大きく関わっていて常に繰り返されているものなので、日頃から唾液の分泌される量が多い人は歯の石灰化がしやすいと言えます。

唾液というものは歯の再石灰化だけではなく雑菌を抗菌作用のあるリゾチームによって倒したり、口内のpHバランスを整えたり歯周病を予防するなど様々な役割を担っている欠かせない存在です。
しかしストレスやあごの筋力低下などの原因から分泌量が減り、ドライマウス状態になることがあります。
これでは当然歯の再石灰化も上手く働かなくなってしまうため、唾液の分泌量を上げるように心掛けなければいけません。

唾液の分泌量を増やして口内のメカニズムを正常なものに保ち続けるためには、あごの筋力がしっかりと確保されて噛む力が維持されることが必要です。
唾液は物を噛むときに連動して分泌されるものなので、しっかりと物を噛む習慣をつけてください。
食後にガムを噛むなどといった行為も効果的ですし、キシリトールが含まれていると唾液の再石灰化機能を助ける機能があるのでなお良いです。

また一日の中で歯の再石灰化が極端に滞るタイミングがあり、それは唾液の分泌がほとんどされない就寝中です。
再石灰化どころか唾液によるバリア機能も洗浄作用も受けられないため、口内で歯は非常に無防備な状態になってしまいます。
なので就寝前は唾液が少なくても大丈夫なようにしっかりと歯を磨いて、細菌の栄養となり得る食事はなるべく控えた方が良いです。