歯科助手には誰でもなれる!資格はいらない

歯科助手

歯科医院に行った経験のある方ならわかると思いますが、歯科医師の近くで仕事をしている女性がいます。
歯磨き指導や口の中の検査を行ったり、歯の詰め物などを行う仕事をしているのは歯科衛生士です。
それ以外の雑務を行っている人は事務員であったり、歯科助手だったりします。
一見、同じように見えるかもしれませんが違う職種です。

歯科助手と事務員の明確な区分けをしていないところもありますが、診察室での補助的な仕事が多いほうが歯科助手で、受付や会計など事務仕事が多い方が事務としているようです。

先に述べた歯科衛生士が国家資格であるのに対し、歯科助手は認定資格です。
それも知識として学ぶための民間資格ならいろいろとありますが、公益社団法人日本歯科医師会の歯科助手認定資格の場合、歯科医院に働いてから勉強して取るというタイプの資格です。
そのため、採用試験を受けるときに資格がなくても大丈夫なのです。

歯科助手の仕事内容ですが、診察準備や受付、器具の洗浄や消毒、診察室や待合室の清掃など多岐にわたります。
歯科診療補助として歯科医師の近くで仕事をすることはありますが、国家資格者の歯科衛生士が直接患者の口の中に器具を入れる検査やスケーリングなどができるのに対し、歯科助手は患者にエプロンをかけるとか歯科医師や歯科衛生士に器具を渡すといった内容になります。
虫歯で冠をかぶせるとか入れ歯をつくるといった場合に型をとります。
その型をとるときにつかう材料を印象材といいますが、印象材を練る作業も行います。

つまり、歯科医院の中の雑務全般が歯科助手の仕事となります。
受付の仕事だと医療事務的な内容も歯科助手が行います。
また、事務全般を担当する事務員がいない歯科医院では銀行や郵便局に行くといった仕事も任されます。
診察の予約管理も行うので、歯科医師が学会等で出張が入ると予約変更の電話を患者さんのところに連絡するというような仕事もあります。

医療関係の仕事のうち、事務以外は国家資格を持っていないと働けないものが圧倒的に多いですが、歯科助手の場合は診療の手助けとして一部関わりをもちつつも資格なしで働ける職種です。
資格なしで働けるとはいえ、特に歯科の場合は、診察室に3、4台のユニットがあり、一人の歯科医師が並行的に患者の治療を行っていくというスタイルです。
診察が順調に進められるように歯科助手もチーム医療の一員として欠かせない存在であり、そういう点でやりがいのある仕事です。