電動歯ブラシは手磨きよりも効果的?

歯磨きが不十分だと虫歯になりやすかったり歯石が溜まる可能性が高まりますが、手磨きの場合では磨き残しなどで汚れを完全に落とすのは難しいものです。
電動歯ブラシを使用すればより綺麗に歯の掃除ができるかもしれません。
通常歯磨きというものは歯ブラシの毛先を使用して歯にこびりついている汚れをこそぎ落としていくものですが、人の腕による振れ幅では大きすぎるため不十分なまま終わってしまいがちです。
電動歯ブラシは本体が細かな周期で振動し、さらに上下左右だけでなく前後方向にもショックを与えるために汚れを破壊しやすいものです。

一般的な電動歯ブラシは基部にモーターが組み込まれていた振動をするタイプのものがほとんどですが、最新の技術を用いてさらにグレードアップしたタイプもあります。
通常の電動歯ブラシは毎分1万回を超えることはない比較的緩やかな振動ですが、音波歯ブラシと呼ばれるタイプはそれを超えて音の振動レベルにまで持ち上げたものです。
通常の数倍の振動や回転数によって泡を作り出して歯の隅々まで洗浄できたり、高振動から発する音波によって雑菌を退治できるなどの様々なメリットがあります。

そして電動歯ブラシの振動や回転数として人が聞こえる音域を超える値で起動するものもあり、それを超音波歯ブラシと言います。
音波歯ブラシ以下の電動歯ブラシとは異なり非常に振れ幅が小さく振動による汚れの除去能力というものはありませんが、高速振動による殺菌・除菌においては群を抜いています。
さらに超音波によって歯茎など口内の組織に働きかけて活性化を促したり、落としづらい汚れにも対応しているという強みがあります。

電動歯ブラシを使用する際には併用する歯磨き粉の選び方を注意しなければなりません。
本来歯磨きという物はやり過ぎると歯の組織を傷めてしまうため、ほどほどに抑えておかなければならないものです。
手磨きの場合はやり過ぎてしまうことはそう無いことですが、振動によるパワーがある電動歯ブラシの場合は注意が必要です。
そこに研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると歯を削ってしまうため、使用しないあるいは研磨剤が入っていない物を選ぶようにしてください。

超音波歯ブラシも同様に歯磨き粉の選択が注意点ですが、こちらの場合は歯ブラシそのものが高い汚れ除去力を持っています。
さらに硬めのクリームでは故障の原因となる恐れがあるため、なるべく歯磨き粉は使用しない方が良いです。